CASE導入事例

てもみん

  • てもみん IMAGE01
  • てもみん IMAGE02
  • てもみん IMAGE03
  • てもみん IMAGE04

お客様のストレスがない範囲でお待ち頂くことをご提案できるようになった。

  • 導入前

    他店舗の近隣店舗の情報がわからなかった。お店によって人数が違うので以前は、電話で確認して「応援もらえませんか」と聞かないとわからなかった。

    飛び込みでお客様が来店された際に近隣店舗でヘルプに来れるかどうか電話で確認をするしか方法がないため、お客様の前でするのは、なかなかしにくく結果的にお客様を逃がすことが少なくなかった。

    夕方になると画面が切り替わらない、検索中などシステム全体の反応が悪かった。

  • 導入後

    他店の状況を見ながらヘルプを要請できるのでお客様のストレスがない範囲でお待ち頂くことをご提案できるようになった。

    顧客の情報を細かい内容まで登録できるようになった。

    バージョンアップで機能的に使いやすくなる点もうれしい。夕方になるとシステム全体が遅くなる現象が改善された。最初は、仕事が増えるイメージだったけど、結果的に本部に提出する資料やデータを作成する手間が減った。

ご担当者様 インタビュー

―導入する際に不安だった点
  • パソコンに対して苦手意識があったスタッフは、機能が増えて、使えるか不安だった。
  • ボディケア以外の事務仕事がさらに増えてしまうイメージがあった。
―導入して良かった点は?
  • 他店の状況を見ながら、ヘルプを要請できるので、お客様のストレスがない範囲でお待ち頂くことをご提案できるようになった。
    スタッフの配置が効率的にできるようになった。
  • 顧客の情報を細かい内容まで登録できるようになった。
  • 自分の店舗だけでなく、各店のシフトも確認できる点はとても助かっている。
  • バージョンアップも定期的に行われ、機能的に使いやすくなる点もうれしい。
  • 夕方になるとシステム全体が遅くなる現象が改善された。
  • 最初は、仕事が増えるイメージだったけど、結果的に本部に提出する資料やデータを作成する手間が減った。
―特に活用している点は?
  • 予約表は、他店の混み具合や状況把握で一番良く使っている。
  • 受付表では、顧客基本情報をみて、どの店舗にいっているのか、ヘビーユーザか、強もみ希望か、男性スタッフが入っているかなど事前確認して、顧客へのトラブルを回避することができている。
  • てもみんはどこの店舗でも、一定の品質のサービスを受けられるというコンセプトなので施術サービスの品質維持に活用できていると思う。
  • 売上情報では、チケットを購入している顧客なのか、ずっと現金でボディケアを受けられている顧客なのかを考慮してお客様にご提案ができるようになった。

お客様情報

会社名 株式会社グローバルスポーツ医学研究所
URL http://www.global-sports.co.jp/
設立 1985年2月14日
資本金 9,000万円
事業内容 カジュアルリラクゼーションスペースの経営
導入店舗数 グループ全体238店舗(2012年2月)
使っている機能 顧客管理、予約管理、売上管理(前受管理)、POSシステム、集計分析、在庫管理